Our Company
Reborna Biosciences, Inc.

Our Company

Our Science

当社の創薬技術により、これまで核酸医薬品のみが標的にできると考えられていたリボ核酸(RNA)に、高い親和性を示す低分子医薬品を創出することが可能となります。この独自の技術により、RNA機能の正常化による根本治療効果を示す医薬品の創薬研究プログラムを推進します。

Message

株式会社リボルナバイオサイエンスは、遺伝性希少疾患のような、アンメットメディカルニーズの高い医薬品を創出するバイオベンチャーとして、2018年に設立し創業を開始しました。現在9,000種以上とも言われる希少疾患の多くは遺伝性で、親から受け継いだ遺伝子により、一定の確率で発症する疾患です。したがって、患者様だけでなく、その親も同じように病気と闘っています。

「生まれ変わる」を意味するRebornと、創薬標的であるRNAを組み合わせ、社名を”Reborna”としました。遺伝性希少疾患に苦しむ患者様とそのご家族の生活が、まるで生まれ変わったように改善する医薬品を提供したい、という想いを社名に込めました。

当社のパイプラインは、経口投与可能な医薬品として、研究開発を進めています。これは、患者様が長期に渡り病気と闘う上で、少しでも負担を減らすことを目的としています。当社の創薬基盤技術を最大限活用することで、アンメットメディカルニーズの高い疾患に対する治療薬の開発に取り組み、医療社会に貢献すべく挑戦を続けます。

富士晃嗣 – CEO/COO